« 癒やしの花たち | トップページ | 誕生日 »

亡き兄の誕生日

いつの間にか立秋も過ぎ、夕方には虫の声

コロナが続く中、刻々と時が流れてゆく。悲惨な事件や自然災害、病院に入れず命を落としてしまう方々。この国は安心して暮らせないのか?ここ数年つくづく考えさせられる。

今日は若くして事故死した兄の誕生日

亡くなる年の誕生日日記に「釣りに行き、帰るとアルバム、ケーキ、寿司で祝ってくれた」と。供養に墓前にケーキと寿司を供え、好きだった音楽をかけ偲んた(当時に思いを馳せて)

Dsc_0519

|

« 癒やしの花たち | トップページ | 誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 癒やしの花たち | トップページ | 誕生日 »