« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

浜木綿忌

今日25日は宮城道雄先生のご命日

昭和31年に作詞作曲された(浜木綿)を稽古に見えた皆で弾き歌い、偉大な先生をお偲びさせてもらった。また丁度わが稽古場の浜木綿も咲いてくれた。数年前に訪れた和歌山の浜木綿の里の風景を思い出しながら皆で浜木綿のお菓子も頂いた。時は刻々と流れて行くが、この宮城先生の芸術は益々輝きをまし、殺伐とした社会に潤いを下さっている。

宮城芸術→永久に

Dsc_0142Dsc_0137Dsc_0139

| | コメント (0)

高田好胤和上23回忌

コロナ自粛している間に時は流れ、梅雨入りし、紫陽花の季節を迎えた。

今日はご尊敬する高田好胤和上先生のご命日。本当に月日の流れが早い(平成10年6月22日)

心に迷いがあった時などには法話や御本を読ませてもらっている。(物で栄えて心が滅びてる)とおっしゃてる。今の日本、本当にそうだと思う。いつもだったら薬師寺で御法要があるがやはりコロナの予防の為無し、自分なりに写経と読経でお偲びさせてもらった。黄泉の國からどうご覧になっているだろう?

Dsc_0131Dsc_0129

| | コメント (0)

目には青葉山ホトトギス

山の緑も深くなり若葉から青葉へ

山では鶯やホトトギスの掛け合い、合唱

気がつけば6月

このご時世遠出はできないのでもっぱら近くの自然散策がメイン

近くの川にはハヤが、その隣の岸にはカルガモが、心を和ませてくれる。今、日課になっている鯉とカメにパンを持つて行ったら、珍しい光景が→親ガメの背中に子ガメが乗ってゆったりとしていた。何と微笑ましいのでしょう!自然と触れさせてもらえて感謝。

Dsc_0126Dsc_0127

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »