« 晩秋の景色 | トップページ | 光陰矢の如し »

この世の花

師走に入ったかと思えばあっという間に半分過ぎてしまった!!

自分も文字のように、全般は走り通しだったかな?

13日は15歳で旅立った兄の命日

麓の墓地にお参りに行った

さすがの高尾山も静けさを取り戻していた

生前兄の好きだった赤い花を手向け、ケーキとコーヒーを供え「この世の花」を何回もかけた

「赤く咲く花青い花、この世に咲く花数々あれど‥‥涙にぬれて蕾のままに散るは‥」

早くに散った兄と被って切ない思いでいっぱいだった

供えたケーキとコーヒーをいただきながら暫し一人で兄を偲んだ

Cimg0936 Cimg0940 12/1川尻八幡のイチョウ並木と12/4菅原道真公の銅像

|

« 晩秋の景色 | トップページ | 光陰矢の如し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋の景色 | トップページ | 光陰矢の如し »