« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

感動のギブ&テイク

ようやく春の光…明るい兆しが見えてきた

先週に続き、ご依頼の演奏に伺った

「ワイズメンズクラブ」様

今まで知らなかったが、聖書に沿った社会奉仕の団体だった

所謂仏教でいう「忘己利他」の精神と同じである

それも世界規模の大きな団体の八王子支部だった

そのような会に参加させていただき本当に光栄に思う

会員の皆様の前で約一時間、お話と演奏をさせてもらった

六段、春のうた、菜の葉、日本のこばこ、さらし風手事

皆様微動だにせず真剣に聴き入って下さった(緊張しました)

おひとり、お一人の感動がジーンと伝わった来た

本当に演奏者冥利である

音楽は弾き手とお客様が一体となれる素晴らしさ…

今日もお声をかけて下さったワイズメンズの皆様と

この道に入れて下さった両親に感謝感謝の一日だった(._.)アリガト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福楽会お誕生会

♪春は名のみの風の寒さや…

いつも今頃になると浮かんでくる

やっと春の光が見えてきた今日この頃

生徒が所属する会での<お誕生会>に招かれ3人で伺った

約40人のお客様の前で、お話を交えまず「六段」「七福神」を聴いていただき

次の「平和数え歌」「夕焼け小焼け」は皆様にもご一緒に歌ってもらった

聴くマナーも良く、皆さんとても喜んで下さった

学校や施設等色々なところで弾かせてもらうが

身近で観客の視線が伝わってきて弾く方も力が入る

いつも思うことは<日本の伝統楽器>をさせてもらってて良かった!

感謝感激雨あられ(._.)アリガト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪景色

<新しき年の初めの初春の 今日降る雪のいやしけ吉事>  大伴家持

新年に降り積る雪のように、良いことも積ると良いが…

こんな意味らしいが、今朝は予報よりは少なかったが少し降った

歴史の地に立ち、当時に思いを馳せた旅の感動もさめぬ昨今

日本どうした?と思うような出来事が続けて起きている

高田好胤先生は以前「物で栄えて心が滅びている」と仰っていた

まさしくその通りだと思う。

家族関係、政治家、師弟関係、詐欺被害、偽装問題などどうしちゃったの?

先人が嘆いているのでは?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史散歩④

長崎は見どころ多く一度や二度では見切れない程

歴史が詰まっている

「グラバー園」グラバー住宅は世界遺産

関西には西側から文化が入ったが

ここ長崎は西洋文化が最初に入った場所

「トーマス・ブレーク・グラバー」は近代化の風を送り込んだ冒険商人

安政の開港と同時にグラバー商会を設立し、近代化に向かう日本に

様々な面で尽力した

それは数知れない程もの凄い事だった

現在の三菱造船、キリンビールなど計り知れないほど…

このグラバー園という歴史の舞台に立ち偉人様たちに思いを寄せられたこと

この地だけでもずっと居たいくらい感動しっぱなし!

本当に今の日本はこうした歴史の上に成り立っているんだ!!

Cimg0670雨降る長崎港を望む


Cimg0671_2グラバー邸バルコニーより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史散歩③

月日の流れに中々ついて行けない今日この頃

九州歴史散歩のまとめも中々進まないうちに色々とおきる

国宝「大浦天主堂」

長崎港を望む高台に建つ白い美しい建物

その歴史は色んな苦難を乗り越え現在がある

今の時代には想像できない程のドラマがあったという

ここから広まったキリスト教

軍国主義による迫害、原爆投下…

本当に数々の苦難を乗り越え

現在に至った

広い天主堂の中を見るとその詳細が伝わってくる

今の自由はこうした過去の苦難があって成り立っている

改めて自由の今に感謝しなくては…

Cimg0672高台に建つ大浦天主堂




| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史散歩②

今年映画化された「この道」の北原白秋記念館へ

この記念館は昭和60年に白秋生誕100年を記念して建てられた

外観は当時の酒屋さんが偲ばれる造りで

中に入るとやはり明治、大正、昭和の雰囲気がただよう

中でも白秋の肉声の歌には感動した

白秋の童謡は誰でも一度は口にしたことがある素敵な歌ばかり!

皆で柳川ならではの川下りに参加

こたつ付の船に乗ると船頭さんが櫂を漕ぎながら、「あめ雨ふれふれ母さんが…」や

「この道はいつか来た道‥」など白秋の歌を数曲歌ってくれた

この地で聴く白秋の曲は特に心に響いた

日本の宝‥いつまでも

Cimg0659柳川


Cimg0660白秋生家記念館




| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史散歩①

お弾き初め終了の翌々日から有志5名で歴史散歩の旅へ

長崎、別府、柳川、湯布院‥

広島の原爆地は訪れたが、長崎はまだだったので一度現地を

訪れ当時に思いを馳せたかった

色んな本で読んではいたものの、凄まじい、悲しい、到底同じ人間の

することか!と改めて怒りを覚えた

一瞬にして多くを破壊する核の怖さ、恐ろしさ‥

本当に世界からなくさないといけない。!

今こうして平和に暮らせる自分

何か役に立てることをしなくては‥と改めて思った

資料館で永井隆著の御本を買わせてもらい早速読ませてもらった

被ばくされた方々の安寧を一国民として祈りたいm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春おひきぞめ会

ついこの間新しい年を迎えたかと思ったらもう二月

こうして今年も早く月日が流れるのかな?

27日には恒例の「おひきぞめ会」を無事終えた

新春にふさわしい 松づくし…六段、花園、秋のながれ、園の秋、春の海

最後に朗読と箏による「手袋を買いに」…きつねの親子の物語で納めた

市民センターの和室で狭かったが約40名のお客様が最後まで聴いて下さった

いつもいつも足を運んで下さり感謝感激雨あられ‥

想えば伝統芸術の初春の行事

元気でずっと続けて来れ、本当に先生冥利に尽きる

人前での演奏は50~70%しか発揮できない

場数を踏むと徐々に慣れてくる

失敗は成功の元、鍛練千日勝負一瞬‥

今年も精進しなくては!皆で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »