« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

稽古納め

毎日い追われている間に今年も残りあと二日

一昨日は昼の部、夜の部に分かれ稽古納めと忘年会をした

いつものごとく皆で合奏(松づくし他)後、楽器に一年の感謝をし

和手ぬぐいでお掃除&磨きと講習

古賀政男先生が「歌詞がお姉さんで曲は妹」と仰っていた

皆で歌詞をよく読み演奏した

のちに忘年会‥昼間は寿司や果物で

夜の部は生姜鍋やきりたんぽ鍋にワイン

皆で今年を元気で乗り越えられたことに感謝の乾杯

来年もがんばろうと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父の思い出

平成に入り、病と闘い4年に旅立ち早26年

一昨日、見えたお客様で両親を良く知っている方がいた

聞かないのに先方から両親の話をしてくれた

「母方の祖父は町一番の事業家で、父をとても気に入り母と結婚させた

とにかく働き者で思いやりのある男だ」と。

、そういえば、父死亡のお知らせに、ほとんどの方が

「吉田さんは人の何倍も働き社会に奉仕した」といってくれた

軍隊にいたのでとてもきびしかったが、人情家であり

朝早くから暗くなるまで働いていた

世の子供たちには皆同じように可愛がり、皆に親切だった

26年も経ったのに両親の事を覚えていてくれ、とても嬉しかった

今日は命日、麓の眠る両親に報告に行った

「お陰様で‥ありがとう!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月歌舞伎…阿古屋

「かげというも月の縁 清しというも月の縁」

玉三郎さん演ずる阿古屋が恋人景清との馴れ初めを箏を演奏しながら

歌い、頼朝の命、重忠に聴かせる。

久しぶりに6名で鑑賞した

箏、三味線、胡弓の生演奏

歌舞伎女形の屈指の大役だそう!

阿古屋は最高位の遊女…衣装も豪華絢爛!!

その演奏ぶりは永い修行の賜で大感動以外の言葉が見つからない

浄瑠璃や長唄三味線との掛け合い…本当に素晴らしい!

息するのも忘れ観聴入った。

色んな演目の監修や若手への指導などもなさりさすが人間国宝!

慌ただしい師走に素晴らしい心の安らぎと英気をいただいた(._.)アリガト

Cimg0634歌舞伎座130年記念の冊子


Cimg0633箏や三味線を弾く阿古屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穏やかな師走入り

「昨日といひ今日と暮らして飛鳥川 流れて早き月日なりけり」

いつも今頃になるとこの歌が浮かんでくる

本当に光陰矢のごとし…早いものだな

快晴で暖かな師走を迎え、所用で西多摩方面に行ったので

拝島大師へ寄ってみたが、お休み?のようだったので隣の日吉神社で

参拝させてもらった。

まだ紅葉残る境内を暫し散策し、御朱印をいただいて

府中の大國魂神社に向かった。

1日と15日は自然と神社仏閣に足が向く

今日の神社は多くの参拝客があり、境内には露店も出ていた

問題が多い世の中…平穏を感謝した。

今日も、今月も、良いスタートが出来た(._.)アリガト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »