« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

行く年・来る年

平成29年も間もなく明ける

今年も本当に色々なことがあった

先ずは最愛のぴー君との別れが

本当に辛かった(;ω;)

毎日毎日…ろうそくを灯し、お香をたき、お経を唱え偲んだ

疲れたとき、寂しい時、いつも手に留まり癒してくれたぴー君

今でも元気な声が聞こえてくるような、返事をしてくれるような気がする

来年はぴー君の生きた証を写真集やミニ本でも書き残したい

又素晴らしいことも多かった!

皇居にも行かせてもらったし、多くの出会いもいただき、

数多くの経験もさせていただいた。

来年(平成30年)も健康に気を付けて色々挑戦したい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歳末のお不動様

今年も毎日駆けめぐっている間に、あと三日になってしまった!

本当に月日の流れの速さを感じるな

やっと自分の時間が出来たので、一年分のおふだを納めに高幡不動に向かった

毎年正月には、駅から参拝客でぎっしりの参道も境内も

嵐の前の静けさ?

業者の方々が店造りをしていて

参拝客はチラホラ…

皆から預かった護摩札を一年の感謝を唱えおさめ、

年末の境内をゆっくり歩き弘法大師様の気をいただいた

あと三日寝るともの凄いにぎわいに??

一足お先にお参りさせてもらい来年の平和を祈った

Cimg0156嵐の前の静けさ?


Cimg0158




| | コメント (0) | トラックバック (0)

稽古納めパートⅡ

相変わらず慌ただしい毎日が続いている。

今日は第二陣の稽古納め

10名程で六段の合奏があるので先日のフリマの後片付けが大変!!

最近立奏台の方が多いので準備も時間がかかる!

でも古今の名曲「六段の調」を箏、三弦で数回合奏練習し、後に

おことのそうじ…和手ぬぐいを箏に通し磨く

楽器に「今年もお世話になりました」と思いをこめて…

きっと心も磨かれ美しい音色が出るかもね?

その後はお楽しみ茶話会(忘年会)

今日は差し入れが多く、色とりどりの菓子類がテーブルをうめた

安納芋、こんにゃく、干し柿、シュークリーム、どら焼き、手作りプリン、みかん…

皆で和気あいあいと一年の締めくくりをした

明日は四名による稽古納めパートⅢ

Cimg0153Cimg0154


皆さん!今年もご協力ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稽古納め

今日26日は、偉大な父の祥月命日

芸の道にも、生きる道も、色々導いてくれた父

早朝に麓に眠るお墓にお参りし、諸々感謝し「般若心経」を唱え報告した

そして、今日は出稽古先での稽古納め

新春演奏会で演奏する「傘舞台」「さくら21」を皆で合奏

その後、楽器のおそうじ、箏柱磨きをし楽器に一年の感謝をした

小さな子供たちも一生懸命磨いてくれた

大リーグのイチロウ選手がいつの時もグローブを磨いている~

というお話を交え楽器を大事にネ!と。

最後に皆さんから素敵なプレゼントをいただいた

本当に先生冥利に尽きる(._.)アリガト

Cimg0150Cimg0149演奏もお掃除も頑張りました!







| | コメント (0) | トラックバック (0)

超多忙④

一日中ずーっと立っていたので少々疲れたが

24日は早朝より知り合いの引っ越し

親子三人で出かけた

張り切って重いものを持ってしまったので右手が少々痛い

ひとまず午前中で失礼し、午後はコンサートに廻った

知り合いが三名出演しているので「オリンパスホール」へ

大きなホールもほぼ満席だった

年末にカルメンと第九

趣味の方々のコーラスと管弦楽で125名

プロも四名加わり素晴らしいコンサート

忙しいひと時を癒してもらった気がした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超多忙③

23日天皇誕生日

天気も快晴で暖かい誕生日になった

早朝より点検し万全を期した

今日も早くから二名が手伝ってくれた

お客様も殺到せず、バランスよく来てくれた

もともとお茶の接待がしたかったので丁度良かった

フリーマーケットならではの、面白いもの(かんざし、干支の舛セット、ショール、お香、…)があったので早くから売れた

物があふれている時代…

使えるものは「使いましょう」の気持ちでやっている

町会の方々、箏関係の方々、人から人の御誘いで来て下さった方々

皆さんとても楽しんで下さった

売りあげも今までで一番かな?

今週中に出品者に御精算します

皆さんご協力ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超多忙その②

和やかな宴の後は明日の「フリーマーケット」の準備

一年ぶりの開催なのでものすごい量の品物…品物…

まず部屋を片付けレイアウトから

一部屋(和室)を→衣類、バッグ、和服など

大部屋を→掛け軸、陶器、履物、書籍、雑貨…

商品が多すぎて並び切れないので、売れたら補給することにした

昔から古物商の資格があるので行ってきたが

今回が一番多い品数

準備に夜中までかかってしまった

明日、お客様来て下さいますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超多忙の三日間その①

師走という文字は「師匠が走る」と書く

文字通りこの三日間走り通しだった

22日(冬至)→本年協力下さった方々に、一年の感謝を込めて

懐石料理「鶯帝庵」へご招待

昨年は演奏会があったので大勢を居酒屋へ

年末の慌ただしいひと時を少しでも安らぎを…

平安朝の庭にはまだ秋の名残が残っていて紅葉も楽しめた

お料理も色とりどりのここでなくてはいただけない懐石だった

数十年芸の道で生きているが

いつの時も多くの方々の偉大な支援のお蔭でで続けてこれた

心より感謝したい(._.)アリガト



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走の風

北風寒い十二月 高尾おろしのその中で…

13日は兄の命日…高嶺孝道信士

26日は父の命日…寂光院寒山得道居士

あの頃も北風が身にしむ寒さだった

亡き人への供養は「良い香りの香」と言われているので

せめてもの気持ちとして毎日「香のたより」を手向け偲んでいる

昼間は日が差したので、冬の光を浴びながら

待っててくれてる?みころもの池の鯉にパンを運んだ

何しろ色とりどりの大きな鯉が50~60匹いる

食べられない子がいると可哀そうなので、タラフク食べられるように

三斤分をカットしてもって行った

気配を感じ皆喜んで近寄って来てくれた

まじまじと鯉ちゃんの顔も窺えた

生きているって素晴らしい!

Cimg0146又来るね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みかんの花咲く丘

Img_20171201_111159真鶴岬より


早いもので今日から師走に入った

雨上がりの朝、秋の研修で伊東熱海方面へ出発

マイクロを借りる人数でもないので我が車「エリシオン」に8人で。

どんな小説でも名曲にも舞台が、つまり古里がある。

この世界に身を置き、年々歴史に近づきたくちょこちょこ歩いてみている

今日は伊豆方面

加藤省吾作詞、海沼実作曲の「みかんの花咲く丘」の舞台となった

農園でみかん狩り…

その後19号線沿いに建つ歌碑を見学し、青い海を

眼下に皆で合唱し当時に思いを馳せた

時間があまりなかったので本日は天城越え、芦ノ湖、十国峠の

見事な紅葉を満喫し今日の研修を終えた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »