« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

札幌~洞爺湖

演奏会も無事終了

一行9名は札幌から洞爺湖へ

ホテルより札幌市内を歩きながら駅まで移動

途中珍しい市電や、レンガ作りの道庁を近くで見ることが出来た

約二時間半、北の広い大地をバスにゆられ洞爺湖に到着

ここは、三年前サミットが開催された場所

当時、高台のホテルからみる洞爺湖がしばしばテレビに映っていた

我々は昭和29年に宮城道雄先生も泊まられたという<万世閣>へ

湖に面した見晴らしの良い七階のお部屋に通された

時々、カモメが親しげにベランダにとまり我々の様子を見ているようだった

夜は花火大会が行われ湖面を左から右へ…と華やかな花火ショーを満喫した

東京は連日35度というが、ここは快適24度

何だか申し訳ない気持ちになった

今回もまた素晴らしいお仲間と思い出多い演奏旅行をさせていただき本当に感謝でいっぱいである

059 061 051 052 057 053 050

| | トラックバック (0)

全国演奏会~札幌

まる四日間も家を空けてしまい、帰ってからの用事が山ほど

やっとパソコンの前に来れた

24日から27日まで宮城会全国演奏会に出演する為北海道へ

今回の旅は、全てに何と恵まれていたことでしょう

演奏会は全国から723名が参加

裏方さんを入れますと800名

プログラムはNO1の「北国雪賦」に始まり

都踊、さくら変奏曲、春の夜、みだれ、……

11番目に我々の「秋の韻」…そして最後に「北海民謡調」

宮城道雄先生の特に思い出に残る地、北海道での演奏会となったよう

1100名収容の「札幌市教育文化会館大ホール」

出演者も一曲(一舞台)33名から84名

控え室の件や準備室、案内、調弦、警備…などなど

段取りや手際の素晴らしさ!

個人の会をしばしば経験しているが、感動した

一年半前から北海道支部の方々が携わってくださったという。

何でも表が良いのは裏が良いから…と言われている

改めて縁の下の力に感謝感謝でした……つづく

| | トラックバック (0)

猛暑の中

ここ、八王子は連日35度

明日から全国演奏会の為北海道へ

その為、昨日と今日は振り替え稽古

ところが、エアコンが故障してしまった

窓を開け、扇風機でしのいだが、首、足などから汗のしずく…

自分は、昔のお稽古を思い出したがお弟子さんには悪かった

コンビにでアイスなどを買って来てしのいでもらった

昔は今ほどクーラーがフッキュウしてなかったので、真夏のお稽古も扇風機などでしたものだった

とても良い汗をかいた…

先日の法話で「今のお子さんはクーラーの中で育っているせいか、汗をかくことを知らない子もいる」…と。

そのときは辛くても、後になって思うととてもありがたいことだったと思う

今日は偶々冷房が故障したので自分を鍛えてくれた昔のお稽古を思い出した

明日から四日間北海道に行き演奏会の後洞爺湖方面へ回ってきます

しばらく失礼いたします…皆様もどうぞこの暑さに負けないでくださいね

| | トラックバック (0)

夏山~槍ヶ岳

梅雨が明けた16,17,18日

夫が友人と槍ヶ岳に登り感動して帰ってきた

海育ち(種子島)だが山も大好き

一昨年は、北岳(標高2位)

もちろん富士山も数回登山

今回は4位の槍ヶ岳(3180m)

山頂はたたみ十畳ほどの広さ…という

100メートル下の山荘に宿泊

そして急な岩場をハシゴで登る…命がけである

でも乗り越え、雲海を眼下に別世界の空気と眺め

話と写真でも素晴らしさが伝わってくる

残雪もあり寒いくらいだった…と。

約44キロ歩いたという

きっと根性も体力も一層ついたのでは?

翌日も朝から畑に行ったり、地区の行事に行ったり…

頑張っていました

045 047 046

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明け

梅雨真っ只中のときは早く明ければいいな~

いざ明けると早速猛暑

今日も朝から忙しかった

八時に家を出、帰り着いたのが夜の八時…

でも有意義な一日だった

出稽古の後、薬師寺に法話と写経に行かせてもらった

特に盂蘭盆の月なので…

今日も為になるお話ばかりだった(六波羅蜜の実践について)

その後、先月お参りできなかった靖国神社へ向かった

昨日まで恒例の<みたま祭り>が行われていたが

どうしても夕方の都合がつかず今日になってしまった

辺りはすっかり夏の風情だった

まだ昨日までの提灯も残っていた

今月の掲示板も、両親への感謝の手紙を残し戦士された方のが掲げられていた

たった一つの尊い命…

心から手を合わせた

そして明日の準備(お茶菓子等)の為途中下車

足を蜂に刺されて以来12000歩、歩いた…心地よい疲れだった

042 041 040

| | トラックバック (0)

盆~供養

以前、聞いた法話で

「東京のお盆は七月だが、何かせわしなく仏様もゆっくりできないのでは?」と…

確かにそう思う

迎え火たいてゆっくりと一緒に過ごしたいところだが、

毎日忙しく、やっとお墓参りとお仏壇参りが出来た

よく、盆と正月はご先祖様をお迎えし、一緒に過ごすものだ…と聞いた

何かそれを思うと申し訳ない気持になる

でも15日、16日でご供養の写経を五巻させていただけた

せめてものご供養に…

二巻は高乗寺様に

三巻は薬師寺に納めさせていただく(明日)

送り火に送られて、慌しいまま帰ってしまった

013 022 039

| | トラックバック (0)

さくら21

梅雨空のうっとうしい日がつづく

友人に「8月にべトナムで弾くので見てほしい」

と頼まれ、水野利彦作品の「さくら21」を朝から一緒に弾いてみた

おこと…といえば、まずは「さくら・さくら」が思い浮かぶ

宮城道雄先生の「さくら変奏曲」に始まり「さくら」をテーマにした曲はたくさんある

今日の「さくら21」は調弦が平調子より四を一音上げるだけ

一箏、二箏、十七弦の三重奏

主旋律の一箏に他のパートが細かく刻んでいく…トレモロあり(少し難しい)

今風で、とても素敵な曲だった

世代を越え、時代を越え、21世紀への夢の架け橋になってほしいという願いを込めて

つけられたそう(1997年2月作曲)

一般受けしそうなので是非何か行事に弾かせていただこう…と思った

きっと、ベトナムでも喜ばれるに違いない…成功を祈りたい!

午後は全国演奏会の打ち合わせの為、相模原の先輩のお宅にお邪魔した

一応、事務的な準備は整った…あとは演奏を頑張れば…あと12日

| | トラックバック (0)

夏 燈会(なつともしえ)

日ごろより、写経・切絵などでお世話になっている<高乗寺>

ペットの供養でも有名なお寺で

毎年ペット初盆供養・祈願法要である<夏燈会>が8月13日に行われる

その折に<燈篭供養>も行われる

今日はその燈篭に貼る絵を準備した(切絵で)

いつもの原稿の下に色紙を数枚重ね同じ形を何枚か切りそれを和紙に貼る

「千鳥」をさせてもらい、その上に「しほの山差し出の磯に…」と「淡路島かよふ千鳥の…」

の歌を書いてもらった

四方をそれぞれ切りえ、写経で飾り中に<灯>を…

想像しただけでワクワクする

ペットがいないので伺ったことがないが今年は是非行かせてもらいたい

水に浮かぶ<燈篭>…幻想的だろうな

036 035 ←燈篭サイドの切絵(千鳥)と古今和歌集

| | トラックバック (0)

谷崎作品を聞く

演奏会下合わせの後、車で出かけた

運転しながらのお楽しみは、ラジオ、CD(音楽又は文学)

長距離の場合は文学を聞く

今日は片道50分かかるので、谷崎潤一郎作品を聞いた

今回の聞いて楽しむ日本の文学は明治に始まりいよいよ昭和に入った

<春琴抄>は美しい春琴を慕う佐助の崇拝の凄さが今では考えられないほどの内容となっている

<細雪>は谷崎潤一郎の奥様がモデルとなっているという
      芦屋に住む四姉妹のそれぞれの生き方がリアルに描かれている

よくお芝居で演じられた作品で、その都度素敵な女優さんが出演していた

四姉妹なんてうらやましい

一番下の「こいさん」は特に自由奔放に生きている…

それって今の世もそうかも?

| | トラックバック (0)

メダカの学校

朝から晴れてくれよかった

今日も我が家の三つの水鉢に美しい睡蓮の花が五輪ほど咲いていた

みな、咲き具合がそれぞれで素敵なので写真を撮っていたらメダカがすき間から顔を出していた

大きいのはカメラに映るぐらいだが、映らないとても小さいのが沢山泳いでいた

メダカの学校はカメの中…

大きい白いのは<楊貴妃>という名がついているそう

名前のようにとても美しい

そして今日は我が家の野菜畑でも収穫が沢山あった

自分で種を蒔き育てて実がなる…感慨深いものがある

新鮮な内に味を見た…ナス、ピーマン、辛味大根など

027 026 025 024

| | トラックバック (0)

蓮と睡蓮の花

昨年10月よりブログに挑戦

慣れないパソコン…拙い日記…書くのはほとんど夜中

でもお陰さまで200記事になりました(._.)アリガト

毎日多くの皆様にアクセスしていただき感謝してます

ここらで一区切りの<本>にしておこうかな

今日高尾駅までの途中、白と薄桃色の蓮の花を見つけた

上品な白でその美しさに感激した

我が家の鉢の睡蓮も毎日何輪かよく咲いてくれる

そしてこの花たちを見るたびに「蜘蛛の糸」を思い出す

高田好胤管長様の本にも出てくる

内容は地獄に落ちた大泥棒が、一度だけ助けたことがある蜘蛛に助けられそうになるがやはり、他を思わず自分の保身のみを優先した結果、結局地獄の闇へ落ちてしまう…

そこから、人間のエゴイズム、自分さえ幸福になればよいという考えは、他人を救われないものにするのみならず、自分自身をも破滅の道に陥れるものなのだ、という教えが「蜘蛛の糸」の中に強く感じられるのであるが、今日の世の中にこの物語が示唆するところ、きわめて大なるを覚える…とあった

本当に良いお話…このお花たちに元気をもらった…

021 022 013

| | トラックバック (0)

蜂に刺されて

行事の後は部屋がメチャクチャ…

そんなわけで、朝から片付けや洗濯に追われた

着物の小物など、降られないうちにと

ベランダに蜂の巣があるのをすっかり忘れていた

すると突然数匹が現れ私の細い足を刺した

一瞬、ものすごい痛みがはしり、どうなることか?と心配になった

すぐに電話で対処を聞き、ドクダミをとってきて塗ってみた

生まれて初めての経験だった(山に住んでいるわりに)

鳥の巣は大歓迎だが、蜂の巣はゴメン…

夕方痛みも治まったので、地方の知人に切りえ等を送りに行った

額の包装がうまく出来てなかったが、クロネコヤマトの受付の方が親切に梱包してくださり無事送ることが出来た

仕事とはいえ、応対のよさに気分がとても良かった…ありがとうございます

004 Photo ←今日の睡蓮と九州へ送ったきり絵額

| | トラックバック (0)

ヒサ~デパ

九時過ぎ、昨日の挨拶と片付けに伺った

皆さんとても喜んでくださり、特にひーたんは、おばあちゃまに

「今度四回忌するの?」と聞いたそう( ̄▽ ̄)

大勢のお客様の前で「飛躍」と「かおる花」を上手に弾け自信を深めたかな?

うれしい限りだ私が15~16歳の頃着ていた着物を着てもらった

ピッタリで良く似合っていた…うれしいな~

その後、今日は母の月命日なので高尾山ろくのお墓へ

この時期あまり珍しくはないが、二匹のカタツムリがずっと石の周りをはっていた

しばし眺めていた

雨があがり気持ち良かったので、一号路を少しばかり歩き、不動院をお参りした

午後、千春と立川のデパートに行ってみた(久しぶりだな~)

今サマーバーゲン中…

現地では別行動(見たいものがそれぞれ違うので…)

私は文具店や本屋さん、贈答品の下見などをした

相手の喜ぶ顔を想像しながら…中々楽しいものだった

往復、運転しながら日本の文学を何作か聞くことが出来た

とても有意義な一日だった

005_2 018_2 020_2

| | トラックバック (0)

感動の偲ぶ集い

昨日、今日と朝からとても忙しかった

昨日は朝から相模原の先輩のお宅へお邪魔した

色々な打ち合わせをさせてもらったり…おしゃべりしたり…

今日は、いつもお世話になっている<M先生を偲ぶ集い>…三回忌

当初は「語りとお箏」の予定だったが、語りの方がご病気の為、

先生のお嬢様とお孫様と「飛躍」と「かおる花」を演奏し亡き先生に捧げた

会場の中央には白い花に囲まれ微笑む先生の遺影

そしてサイドには、ご一家の思い出の写真などが飾られていた

司会をされたご子息様の最後のお礼の言葉に感動した

それは、父亡き後の母を心配しての心温まる言葉だった

「どうなっちゃうのかと心配していたが、Aさん、Bさんはじめ大変多くの方がおふくろを尋ね元気にしてくれた…僕なんか何も出来ないでいたのに…」とその目は潤んでいた

多くの方に感謝し、親を心配する姿に、そのように育てたご両親の後ろ姿を見た

昨日と今日の暑さと和服での諸準備等でかなり疲れていたが、その心温まるご挨拶を聞かせて頂き、疲れもすっ飛び、またまた大変良い勉強をさせてもらった

012 007 ←父の捧げる「かおる花」

| | トラックバック (0)

乾物大好き!

今日も朝早くから忙しかった

お稽古に入ると動けないのでその前に…と。

最後のお稽古の方は市内から見えている奥様

自営のお店が終わってから遥々と来てくださっている

そして今日はお土産付きだった…大好物の乾物、佃煮、漬物…

その奥様は市内の乾物店の方

今朝お邪魔した奥様は昨日そのお店に行き、やはり乾物をおみやげに買ってきて下さった

同じ買い物するなら身内(知り合い)のところで…

との配慮だった

自分もそういうタイプなのでなおさら嬉しかった

でもまだその乾物店にはお邪魔してない

近々行かせてもらおうと思っている

今朝取れたきゅうりで漬物も作ってきてくださった

わしは、佃煮と漬物があれば何もいらない!嬉しい!

あまりに沢山あるので誰か好きな人に分けてあげたいなー

ありがとうございました(._.)アリガト

004 003 ←今朝の睡蓮(三つ)と大好物

| | トラックバック (0)

平成22年半分終了

早、七月を迎えた…今年も半分が過ぎてしまった

六月は遠出はしなかったが、祖父、義父、高田好胤管長様、宮城道雄先生のご命日があり改めて忍ばせてもらった

目標のダイエット…よく動いている?割にはまるで効果なし

よっぽど頑張らなくては、無理!(食べすぎ?)

あとの、CDや本の制作は七月の北海道公演が終わったら本格的にがんばるぞ!

今日は高乗寺写経の日…一日からお寺にてさせていただき本当にありがたい

そして、約20坪の自畑で色々収穫があった

たまねぎ、じゃがいも(北あかり)、なす…などが沢山とれたので、早速写経参加の方々に持っていってもらった

皆さん、突然の恵み(取れたてホヤホヤ)に大変喜んでくださった

夫は「作り甲斐がある…あと、ピーマン、小松菜、つるなしインゲン、とうがらし、辛味大根、さといも、モロヘイヤが順に出来るよ…」と満足そうだった

下半期も目標に向かって頑張ります

001 002 ←アジサイが美しい高乗寺と我が家の今朝の睡蓮

| | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »