« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

寒かった三月

今日で三月も終わり…開花はしたのにこの寒さで足踏み状態の<さくら>

今月も、お蔭様で充実した一ヶ月を送らせてもらった。
暇な日は一日もなかった

大雪の朝、高乗寺写経の集いの参加者の一人として<豊川稲荷>に連れて行っていただけたこと

うめまつりが好天に恵まれ大成功に終わったこと

文化講演会に行かせてもらい、日本のまほろば~奈良のことに触れられたこと

素晴らしい出会い、美しい花々、景色……

今月にお参りさせていただいた神社は3箇所、お寺は11箇所

でもダイエットが?ある線を越えられないんです(よく歩く?動くわりにね…)

まあ~4月より心入れ替え「がんばるぞ」

午前中、きりえ展の額などを選びに中野まで三人で出かけた。
早速、自分たちの作品を入れてみると、まあまあ~に見えた

148 149 ←これを出そうかな?

| | トラックバック (0)

新宿西口めぐり

今朝は池が凍っていた…外は零下だったらしい…とても寒かった

昨日、先輩がホーチミン(35度)から帰り、寒くてびっくり…喉を痛めたとのこと

先日、申し込んでおいた「京王文化講演会」が当たったので行って来た

テーマは 「聖武天皇と光明皇后」…千田稔氏

      「万葉のこころ」…中西進氏     会場は新宿京王プラザホテル

広い会場に約千名位見えていた…三時間位のお話だったが、歴史がよくわかり、素晴らしい内容だった。万葉の歌からも当時の世相がわかったという。

~うらうらに 照れる春日に 雲雀あがり 情悲しくも 独りしおもへば~
家持が敗北を予期して歌ったという……
今日も素晴らしいお話を聞くことが出来とてもよかった。

一時半に終わったので、隣の都庁に寄り、展望室に行ってみた。

専用のエレベーターで44階まで昇ると、近隣のビル郡や遠くの大菩薩から東京タワー、六本木ヒルズ、明治神宮…眺めることが出来た

その後、住友ビル48階の「平和祈念展示資料館」に寄り、改めて戦争の悲惨さを見、感じ、今の幸せに感謝した。

朝早く出たので一日有効に使えとてもありがたかった。

137 141 146 帰りに大光寺に寄り、桜の様子を見た

| | トラックバック (0)

お月様とさくら

冬に逆戻りしたかのように寒い一日だった

第五週のせいか特に外出もせず、「聞いて楽しむ日本の名作」の<高野聖>と<武蔵野>を聞いてみた

両方とも初めてだったが、明治を代表する作家の作品はその時代を映していて素晴らしい

<武蔵野>は、独歩が江戸時代から続く田舎の風景に美を見出し、その秋から冬にかけた情景を綴っている…今はだいぶ変わっているようだ

夜は、ウオーキングしながら、再び大光寺の夜桜をみさせてもらった
十時までライトアップしてくださっているので滑り込みセーフ!今夜は寒いせいか、空にはまん丸お月様とお星様が輝いていた133 134 135

大きな枝枝の間からお月様が顔をだし、なんと幻想的な風景だろう。暫し寒さも忘れた

| | トラックバック (0)

城山と津久井のさくら

今日もボランティアの待ち時間が50分程あったので、八王子南口にある日蓮宗<本立寺>に寄って見た

さくらはまだほとんど開いてなかったが、これから美しい姿をみせてくれる<八重紅枝垂桜>を見つけた…このさくらは平安神宮の親木の穂木より接木培養した木で、その平安神宮の<八重紅枝垂れ桜>は谷崎潤一郎の「細雪」にも登場する神木だそう。

毎年見に行く<富士森>にも行って見た…数ある木々の中には、もう咲いている木もあったが、満開までにはあと一週間ぐらいだろうか?

午後、津久井の友人が、津久井と城山のさくらや、カタクリの名所や、お寺、本沢湖、相模川方面を案内してくれた

全般的にまだのようだが、そろって咲いたらさぞかし見事だろうと思い、皆を案内したいと思った。

132 131 129

| | トラックバック (0)

桜だより

何だかはっきりしない天気

午前は右田様→午後いちょうホールへ舞踊の会へ→そして福生へ

デジカメ持参で<さくら>を追いかけようと張り切ったが全般的にはまだの様だった

夜、ウオーキングをしながら高尾駅北口の<大光寺>に寄ってみた

遠目にはライトアップされた桜がほんわりと見えていた

やはり!今が見ごろ!素晴らしい

門を入ると右側に樹齢400年の枝垂れ桜   左に樹齢200年の江戸彼岸さくら

まさしく満開、見事…雲間にかすかに映る半月とマッチして弥生の夜空に浮んで見えた

<お寺とさくら>…つまり仏様とさくら…これぞ日本の風景だ121 123 127

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合奏っていいね

雨は降っていないが何だかはっきりしない天気

午前は合奏以外のお稽古
午後は月末恒例の合奏…<きぬた>と<比良>を9名で合わせた

<きぬた>…宮城道雄作曲
十六分音符が多くとてもむづかしい…主旋律が交代で出てきて「昔の秋の風物…きぬたを」を表しているが、中々余裕がないと曲想どころではない

<比良>…宮城道雄作曲
大正12年の作曲で早春の比良の遠景を表している
比良は近江八景のひとつにも選ばれ、又、井上靖の「比良の石楠花」という小説もある

初めて習って以来、何回弾いただろうか…舞台、試験、教授…数え切れないほどだが、
まだまだ曲のこころまで遠~い

合奏も初めのうちは皆のコキュウがあってなかったが回数を重ねるごとにあってきた。

とにかく弾くことですね…Photo

| | トラックバック (0)

滝口入道

今日も朝から冷たい雨

送迎の為車で出かけた…待っている間<聞いて楽しむ日本の名作>を聞いていた

高山樗牛(たかやまちょぎゅう)の「滝口入道」
実は作家も作品も知らなかった…大和田伸也さんの朗読に暫し聞き入る

話が進むにつれその世界に入っていくのだった

~平家物語の中のエピソード~

平重盛に仕える時頼と、中宮の侍女横笛の悲恋が書かれている
最後は時頼は出家し高野山へ
横笛は尼僧になり、別々に死を遂げる

身分違いで添えない二人…聞いていくうちに少し悲しくなってしまった

午後は<きりえ教室>へ
4月8日はお釈迦様ご生誕を祝う「花祭り」…その折に高乗寺に展示していただけるとのことで、準備などをした
何枚かの作品の中から選び、額や背景などを考えた

119 120 ←見返り弥陀    夢違い観音

| | トラックバック (0)

比良

今日は冬に戻ったかのように寒い一日だった

こんな日は野鳥たちはどうしているのかな?

お稽古の為歩いて教室へ…冷たい雨が降っていたが植物たちには恵みの水かも…

明後日は合奏の日なので今日はその曲をお稽古する方が多かった

<比良>は最も想い出が多い曲…何度弾いても昔を思い出す

~見渡せば 比良の高嶺に 雪消えて 若菜摘むべく 野はなりにけり~平兼盛

比良を遠景に、野辺を近景に配して、早春をうたったもの

教師試験(課題曲)も今頃、両親が琵琶湖西岸に行き、比良の山並みを撮影したのも今頃
弾くたびに当時を思い出す

054

| | トラックバック (0)

暗譜しなければ

今朝、千春と市民体育館へ出かける予定だったが色々しなければ…と
止めた

喫茶店時代を思い出し、ココアを粉、砂糖、牛乳から作り(6人分)試飲してから、お見舞い?にお届けした。数日前にお持ちした折とても喜んで下さったので…貧血なので大好きなお抹茶が飲めない…でココアなら…と。

その後宿題が山程あるので、教室に行き、部屋を片付け、まず<切り絵>から始めた

次に春の演奏会で弾く曲を出番の早い順に練習して…暗譜し始めた

慣れている曲はすぐ暗譜できるが、馴染みの少ない曲はやはり数をこなさなくては…とにかく毎日毎日の積み重ね…

先日、仙台に送った太鼓や鞨鼓などが戻ってきて部屋が一杯になってしまった

整理整頓をしなくては

012 013 113 夜、雨が降ってきたのでウオーキングは中止にした。

| | トラックバック (0)

さくら咲きました

昨日は<春分の日>今日より昼の時間が少しづつ長くなる

山ろくが混まない内に…と、朝お墓参りへ
付近の山々は少しばかり芽吹いているように見えた
不動院をお参り…<なでなで地蔵様>をなでさせてもらい、朝の新鮮な空気をたっぷりいただいた

午後予約のお稽古の後、お見舞いの送迎の為<八王子医療センター>に行った
待っている間、薬剤センターの方に行くと<こぶし>がきれいに咲いていた

丁度その辺りの病棟は18年前に母がお世話になった病室があったところだった。
時期も今頃だったので母と白い花が重なって見えた…と共に歳月の流れを感じた

夜、ウオーキングで高尾駅すぐそばの、真言宗<大光寺>のさくらの様子を見によった

向かって右の樹齢400年の枝垂れ桜、左側にもさくらの大木…10時過ぎていたがライトアップしてくださっていた。高尾は寒いがこちらのさくらは見ごろを迎えている
昼間も良いが<夜桜>最高

夜のウオーキングが楽しみだな

112 104 114

| | トラックバック (0)

黄砂?

昨夜から今日にかけてものすごい強い風が吹いた(色々飛んでゆかないか心配だった)

運転の手伝いのため、朝から出かけると車の中は冷房をかけるくらい暑くなってきた

40分くらいの待つ間、信松院と金剛院に寄ってみた。お彼岸中とあってお墓参りの方が何組も見えていた。

いつものものごとく松姫様のお墓参りもさせていただいた。
そして素敵なお庭を歩かせてもらった。
梅はおわり、川津さくらも、もう葉桜となっていたが、池には<ザゼンソウ>がふたり並んで咲いていた。そしてアメンボーがすいすいと気持ちよさそうに泳いでいた…春だね…

金剛院の広い境内にはこれから姿を見せてくれるだろう睡蓮用の水鉢が数多く並んでいた… とても楽しみだ   また南門の近くには<泰山木>が凛と立っていた
ここで明日<骨董市>があるそう  のぞいてみたいが…(勉強の為に)

帰り道、いつも遠目に見える山々は黄砂らしきもので霞んでほとんど見えなかった
こんなところまでモンゴルから飛んできているんだ…びっくりした

102 100 094 096

| | トラックバック (0)

彼岸法要

今日も朝からよく歩いた

出稽古→薬師寺(五反田)→ねむの木の庭→靖国神社→ウオーキング(計15768歩)

今日はお寺の好きな友人も一緒に行った
お彼岸中ということで彼岸に関するお話をしてくださったあと、全員で彼岸特別法要<般若心経>や<散華>を唱えさせてもらった

そのあと雲竜さんの笛と、語り「薬師瑠璃光如来」を聞きながら各々の故人を偲んだ

続いて皇后様のご実家跡地<ねむの木の庭>へ
先月よりずっといろんな花が開花し、一気に春になった?感がした

次は地下鉄で靖国神社へ…四時過ぎてしまったがまだまだ多くの方がお参りに来ていた
昨年の今日は丁度「開花宣言」の日だったが<ソメイヨシノ>はまだ開いてなかった

早咲きの桜が二本ほど開き一足先に美しい姿を見せていた
裏に回ると白木蓮がまたまたきれいに咲いていた

夜は近くの大光寺に寄って見ると桜が昨日よりずっと開いていた

088_2 090 

089_2 086

| | トラックバック (0)

ご苦労様です

最近、昼も夜もよく歩いていると色々な事が目に入る

昼間は初沢川の流れ、移ろい行く山並、家々の花々…とても気持ちよい

夜はウオーキング…昨日十時過ぎ多摩御陵までの道すがら、黄色い国土交通省の車がゆっくり走り、一人の人が何かしていた。近寄って見ていると約10m間隔にあるマンホールの掃除をしているのだった。

「遅くまで大変ですね…」  「タバコや葉っぱがすごいんですよ」と笑顔で答えてくれた
のぞいてみると、すごい<ごみ>だった(こうして知らなかった仕事をしてくれているのだ)

また、不燃ゴミ収集の日、収集車にチョコチョコ合うと、運転も収集も一人でなさっていた
忙しそうだったので声はかけなかったが、仕事とはいえ、大変だな…と思った(お疲れ様)

他にも交番の警察官、電車関係の方等、皆が寝静まった頃も働いてくださり本当にありがたい…心から感謝したい

夜の多摩御陵橋界隈、大光寺のさくらがそろそろかな?楽しみだな(本日は8150歩)

081 083

| | トラックバック (0)

続・奈良フォーラム

薬師寺の執事長さんによく滝田栄さんのことは聞いていた

「仏教の話しは一週間ぐらいかかる」とおっしゃって話し始めた

玄奘三蔵が中国からインドへ三年かけて行き、六年間修行、また三年かけて帰りお経の元「大般若経」を広めたお話等
又ご自身が「徳川家康」を演じる前のお寺修行など実際に体験された貴重なお話をたくさんしてくださった

中でも印象深かったのは奈良の何も無い野っ原で「ふと見上げると太陽のまわりを虹が美しく円を描いていた」と…これぞ日輪

お釈迦様の涅槃図は「すべての生き物に見守られている」…これがお釈迦様の教えだ…と

インドのお話も含めてまるで現代版のお釈迦様を見ているような気がした(色々実践してらっしゃる)

滝田さんも紺野さんもテレビでは見たことがあるが実際も知的で上品で素晴らしい方

感激でした。

4月の伊勢神宮奉納演奏のあと中島様と「室生寺」「平城京」を回ることにした。

079 080 078

| | トラックバック (0)

築地界隈

最近、真面目に夜間ウオーキングをし帰って来るのが遅いので日記も遅くなってしまう(本日は裏高尾方面へ合計14814歩)

今日14時から浜離宮朝日ホールにて平城京遷都1300年の節目を迎えて~おとなの奈良の歩き方~フォーラムに行かせていただいた
先輩の中島様が申し込んでおいてくださり当たったそうでお誘いくださった

主催は朝日新聞社広告局  司会はテレビ朝日の野村アナウンサー

     
紺野美沙子さんのオープニングトーク
滝田栄さんによる特別講演「私と仏教」
滝田さん、紺野さん、興福寺貫首 多川俊映さんによるパネルディスカッション「奈良、1300年目の春を祝う」

紺野さんは二月堂のお水取りから帰ったばかり…奈良を歩くのが大好きだそう
滝田さんはかなり仏教の勉強をされ、しばしばインドにも行かれ50%がスラム街に暮らす子供たちに何とか夢を待たせよう…と力を注いでいらっしゃったり、玄奘三蔵の役をされたり、奈良とは大層関わりがおありのよう

『1300年昔、「動物も植物も、全ての命あるものが、幸せに栄えてゆく国を創ろう!」と建国の志を述べ、実現しようとした人々がいた。仏陀の智慧、人類のロマンを実現しようとした人々。そこに、病める現代を解決する大きなカギが見える。』 滝田栄

中島様のお陰で素晴らしい講演を聞けて何と有意義な一日だったことでしょう。

開演前には築地市場で食事、本願寺でお参り  東京の中央 築地を歩いたみた

074 071 078

| | トラックバック (0)

三寒四温

目まぐるしく変わる気温…本格的な春が来るまでこんな状態が続くのかな?

お稽古に行くためいつものスーツで出かけたら何だか暑くて厚くて…少し恥ずかしかった

都内の友人から「こぶしの花と木蓮が咲いた」と電話があった。
やはり都心は高尾より暖かいようで開花は早いようだ…こぶしも木蓮も上品で素敵
大好きな花…   待ち遠しいな

玄関を出ると、沈丁花の甘い香りがただよって来る…なんともいえぬ匂いだ
先週は冷たい雪をかぶり、今日はすっかり開き…お花も大変だね

043 047

夜は又冷え込んでいた…恒例のウオーキング今日のコースは家から東淺川交通公園まで、行きと帰りはコースを変えて…本日は合計13236歩だった

| | トラックバック (0)

八王子の史跡

今日も穏やかな朝だったので、混まないうちに山ろくにあるお墓参りに行った

八時を少し過ぎた頃だが、もう登山客が山に向かっていた
お彼岸も近いので他のお墓もおまいりの方が見えていた
朝のお参りはすがすがしくて気持ちよい

八王子は歴史のある街で市内には数々の史跡がある

二十年来<うめまつり>で弾かせていただいている駒木野の地は<小仏関跡>
この地の一角に歴史を物語る石碑が建っている
このようなところで毎年弾かせていただけ光栄だと思った

また、最近よくお邪魔させていただいている<信松院>の松姫尼公のお墓も市の史跡に指定されている

大きな松の木の下に眠る松姫様がこの地に入られてからのご功績を思うと只只頭の下がる思いでいっぱいになる…(女性の幸せを願ってくださったなど)

014 085 050 053

| | トラックバック (0)

うめまつりで

昨日、今日は恒例の高尾梅郷のうめまつり

二日とも好天に恵まれ梅も丁度見ごろ…最高のまつり日となった
今年も大勢の方々が見えた

午前の演奏には八王子市長様も見え聴いてくださった。
そして社中の奈津子さん、本多さん、金井さんも来てくださり、色々手伝ってくださった
特に観客に「プログラム」を渡してくれ非常に助かった…いつも手伝ってくださり感謝にたえない
そのプログラム100部が全部無くなった……100人以上来て下さったのだ(._.)アリガト

穏やかな天気と練習の成果、今までで一番良くできたような気がした(良く合っていた)
11:00~と13:30~が終わり皆(六名)で川津さくら咲く<信松院>へ行き、松姫様のお墓参りをさせていただき、梅、さくら、椿、クロッカス、ザゼンソウなどを愛でて、生ビールやパフェなどで乾杯

056 054 057 062

ご来場ありがとうございました。お蔭様でとても良い一日でした…

| | トラックバック (0)

豊川稲荷参拝への旅③

040 035 037

11日、朝九時にホテルを出発…十時頃到着

豊川稲荷は正式には<豊川閣 妙厳寺>と言われているそう
曹洞宗…1441年創建  本尊は<千手観音>

総門を入ると大きな鳥居の向こうに立派な<ご本殿>

早速<ご祈祷>と<納経>へ…通天廊と呼ばれる幅4m長さ200mの廊下を行く
天井は楠、桂材で、また床は鶯張りになっており歩くごとに美しい音色が聞こえた

広い本殿では住職様はじめ十名のお坊様が<お経><太鼓><鐘>を厳粛に唱えてくださった。一人ひとりの名も読み上げてくださり、身も心も洗われる気がした

のち、内部やお庭を見学、そして<精進料理>をいただき、記念撮影をして、豊川様を後にした

今回の旅は平成17年の四月から行っている<高乗寺写経のつどい>の参加者のために住職様が機会を作って下さって自らも同行してくださった、すばらしい参拝の旅
住職ご一行なればこその有意義な旅だった。17年の九月から参加させていただいて、かれこれ4年を経過…お蔭様で目に見えない力に守られている気がする

帰路…東名…中央とバスの行く先々には雪化粧した雄大な富士の山が見守り、見送ってくれた…右に、左に、前に、後ろに、ずーっと…それが五時を過ぎるまで…
ここにも、何か不思議な<お力>を感じずにはいられない…ありがとうございました

045 046

| | トラックバック (0)

豊川稲荷参拝への旅②

今朝(10日)までの大雪がうそのように快晴…

焼津の千手大観音を後にして次は豊橋の<一月院>へ
このお寺は高乗寺に勤務されている藤井様のお寺
焼津から浜名湖を通り<一月院>へ…広い境内では子供たちの元気な声がいっぱい

実はこのお寺では学童保育をしてくださっているとのこと
のびのびと遊ぶ姿をみて、すばらしいことだな(子供、親、社会…に)と思った
本堂では住職様(藤井様のお父様)が我々のために御経を上げてくださった
そしてお土産に<豊橋筆>などをいただきご夫妻の暖かなもてなしを受け、今夜の宿に向かった

お泊りは<浜名湖~舘山寺温泉>…今回の参拝は高乗寺の住職様、副住職様をはじめいつもお世話下さっている方々、そして我々写経参加者
みんなで時間の過ぎるのも忘れて楽しい宴のひと時を過ごさせていただいた

いよいよ明朝はメインの<豊川稲荷>へ納経に向かう…初めてなのでとても楽しみだ

032_2 033 034

| | トラックバック (0)

妙厳寺(豊川稲荷)参拝①

九日から降り続いた雪は春の嵐となって真夜中まで降り続いた
心配で何度も外へ…

10,11日は<高乗寺写経の集い>で豊川稲荷参拝と舘山寺温泉の旅

朝になって止んでいたが、普通の靴では到底無理なほど積もっていたので駅まではどうでも良い靴で出かけた

9:10分無事出発 バスは八王子西インターから中央道に入った
途中、くぼ坂トンネルを出ると一面…靄…先が見えないほど…かなりの積雪…
最初に停まった談合坂ではバスからトイレまで雪の埋もれて歩けないくらいすごかった

中央道の両サイドの山々は真っ白…空はどんより…まるで水墨画の世界
このような光景は望んでも滅多に見られない
どの辺りまで続くのかな?

東名に入り、次のサービスエリアに着くと雪はまったく無かった
バスが西へ西へと向かうに連れて天気も良くなっていった

焼津で昼食のあと、<焼津千手大観音>を参拝させていただいた
高さ4.2mの純金製(日本一)…中は木曾ヒノキでできている
住職様の詳しい説明の後、いろんな角度から拝見…
観音様の眼差しは優しくみんなに向けられているようだった
住職様はじめお寺の皆様がとても暖かく迎えてくださり感激

025 026 027

| | トラックバック (0)

春の雪

もう見納めかと思っていた雪景色

どうせ積もらないだろう…と勝手に思い、車で出かけた

今日は知人が入院するので病院まで送っていった(自分からかってでた)
医療センターに向かう車中で、20年前に母を同じ病院へ送る日を思い出した
やはり春の雪だった…病気で入院するのだから…心まで寂しくなってしまう

その足で高乗寺~喜心の会の切り絵教室に行った
家で仕上げたのを見ていただき、今日は仏像でなく<水仙>の花に挑戦させていただいた
始めるとあっという間に時間が過ぎてしまう
気がつくと辺りは真っ白!
これは大変!車で家に帰れなくなる
途中で失礼だったが先生と皆様に挨拶して先に帰らせてもらった

何とか無事家に着けた(何しろすごい坂道を通るので…)

それにしても今年は雪景色が何度も見られてよかったり、大変だったり…

020 022 023 024

| | トラックバック (0)

だあれ? 

昨夜の雪が少し残っていて寒い朝だった

午前中からお稽古があるため早めに歩いて向かった
途中、浅中の土手の梅の木が約7~8mの川幅を超えすぐ目の前まで枝を伸ばし、すぐ近くで梅の花と香を愛でることができた011

あまり暖かい日が続くと早く見ごろが終わってしまうが…
今度の日曜日は高尾梅郷のうめまつり…多くの見物客も見えるのでその日まで美しいままでいてねなんて願っている

午後、そのうめまつりで弾く曲の下合わせをした
<春の海><北海民謡調><日本のわらべ唄><飛躍>…いつも選曲に迷うが結局一般の方向きの曲に決めた……何回か合わせた後皆で楽しくお茶(ビール)して終わった

演奏中ベランダで大きな声が聞こえた

「だーれ?」 ……そこには一羽の鳥が鳴いていて 少しも動かなかった
「食べ物がないのかな?」「誰かの変わりに様子を見に来ているのかな?」「親とはぐれたのかな?」……とりあえずクッキーを小さく砕いて置いといた

016 017 昨年九月より「ココログ」でブログを始めさせていただきました。毎日とても楽しみです。皆さんも挑戦してみてください(オレンジをクリックしてください)

| | トラックバック (0)

聞いて楽しむ日本の名作その③

今日も朝から冷たい雨

でも、通常の運転送迎があるので九時に出かけた
約70分の待ち時間…どうしようかな   雨だからお寺もお墓も無理

そこで先日買った「聞いて楽しむ日本の名作」のCDを車で聞いて待っていることにした

今日は森鴎外の<舞姫>と徳富蘆花の<不如帰>と詩を何篇か聞いた

朗読は両方とも渡辺篤史さん…とても落ち着いた口調で一時その世界に導いてくれる

明治の文豪の作品…原本は難しい言葉づかいだが、現代風にわかりやすく話してくれる

不如帰の書き出しの「上州伊香保の千木良の…」は二十年ほど前に母と泊まった旅館
「ここで蘆花が書いた」という部屋を見せていただいたこともあるのでよけい親しみ?を感じた

本一冊読むのは大変!だんだん目も悪くなるし…わずか20~30分でストーリーがわかる

この名作は1887年~1959年までの近代日本文学約80編が16枚のCDに収録されている。そして二冊の解説書も付いている……これから先も楽しみだ

014_2

| | トラックバック (0)

日本の名作その②

降ったり止んだり…はっきりしないお天気…お体の悪い方々は大変だろうな~と思う

毎週土曜は出稽古だったが、奥様の具合が良くないのでしばらくお稽古はお休み…
でも、お抹茶を入れたりお話相手?などに伺った
三ヶ月間、静養が必要で外出禁止…
お元気でしたら運転されたり、大学へ通ったり、お琴、三味線…と活発な奥様

朝は早いらしいので早め(九時)にお邪魔した
そして何か喜ばれるもの無いかな~と、  そうだ!寝ながらでも聞ける
~聞いて楽しむ日本の名作(自分が聞き終えた作品)と地歌や筝曲のCDをお持ちした

「夜が長くてね…何よりです」と、とても喜んで下さった  良かった

午後、福生に行く車中で二葉亭四迷の<浮雲>と正岡子規、北村透谷の詩を聞いた
この三人は明治の後半ごろ活躍された作家と詩人

浮雲の内容に関しては「今の時代にも言えてるな~」と、またお二人の詩はなぜか悲しく暗い感じがした……お二人とも若くしてこの世を去られていた

010 102 ←<雪割草>…忍耐、優雅、自信…(花言葉)

| | トラックバック (0)

日本の名作を聞く

雨上がりの朝とても気持ちが良い

お稽古は十一時からだが早めに出かけた
途中、昨日の雨で初沢川の流れも勢いがよく水もとてもきれいだった
あちらこちらの庭先には紅梅や白梅…浅中の土手にも梅が今を盛りに咲き誇っていた
天気も良いし香りも良い!最高

011 014

2~3日前に<聞いて楽しむ~日本の名作>を買ったので早速何編か聞いてみた
「五重塔」「雪国」「たけくらべ」「路傍の石」…など
近代日本文学と詩歌など日本を代表する作家の小説を市原悦子さん方十名の方が朗読されている。

どの作品もその時代が見え描写が鋭く感動以外何もない
あまり続けて聞くと混線するので一日1~2編聞こうと思う

| | トラックバック (0)

梅の香り

何だか降ってはいないがどんより雲りの空…そして寒い

来週、曹洞宗の妙厳寺(豊川稲荷)に参拝と写経の納経に連れて行っていただくので、今日も<写経の集い>に行き、二巻させてもらった。
寒かったが50名位見えていた

三分間の座禅のあと、静かに一文字一文字 「観自在菩薩。行深般若波羅蜜多時…」

いつも慌しくしている自分が静かに「仏と向き合う時」…その時こそ集中し何も考えない

来週は皆さんの分、約千枚を納め下さるとのこと…一人ひとりの<こころ>の写しを受け取っていただく……そして大覚寺の日本一大きな寄木造漆箔の千手大観音(4.2m)のお姿を拝見させてもらう

初沢界隈の山々にはまだ春を感じないが、梅は七分咲き…そしてほんのりと甘い香りがただよってくる…しばらく美しい姿で楽しませてくれ、そのうちには実もつけてくれる

道中、淺川中学の土手の大きな梅ノ木の間の可愛らしい小さな木にもちゃんと花が咲いていた…小さくても<春>を知ってるんだ

001 あと十日で<うめまつり>…それまで待っててね

| | トラックバック (0)

ひなまつり

今日3月3日はひなまつり

<あかりをつけましょぼんぼりに お花をあげましょ桃の花…>
昔、母が姪の洋美ちゃん小百合ちゃんと我が家の千春の為に七段飾りをそれぞれにかってくれ、当時ずらっと並べて楽しんだ

三組それぞれお顔がちがい、洋美ちゃんにはお目目の大きいおひな様
小百合ちゃんには切れ長お目目のおひな様
千春にもやさしいお顔のおひな様

今思うとよくそろえてくれた…と感慨深い
最近はあまり出してあげないでおひな様に申し訳ない(;ω;)

今日はお稽古日…<ひなまつり>を弾いてミニおひな様で<ひなまつり>としよう004 005

| | トラックバック (0)

弥生

早三月

春の行事が数多くつづくので、まずは体力づくり…

何事もスタートが大事…さっそく市民体育館に行ったが生憎休館日だった…
その足で富士森の<浅間神社>に参拝、少し歩いてみた。沢山のさくらの木が出番を待っているかのようにひっそりしていた。

午後、23日に七福神を参拝したメンバーで<勉強会>…
といっても地歌の七福神のレコードを聴いたり、絵馬と福神を照らし合わせたり…お茶したり…お稽古の日では出来ないことをした。

夜は九時から<ウオーキング>…日頃の運動不足と歪んだ体を何とかせねば…と45分歩いて来た

二日…千春と市民体育館へ
コンディショニング・ストレッチ…ボクシングの型を取り入れた楽しいストレッチを教えていただき、久しぶりにとてもよい汗をかいてきた

午後は<うめまつり>の合奏練習

<高尾梅郷~うめまつり>は31回目  約一万本が旧甲州街道や小仏川沿い、山の斜面に、香り高くほころびかけています

14日の11:00~と13:30~の二回小仏関所跡の関所梅林で演奏します(平成元年より弾かせていただいてます)
交通JR/京王線高尾駅より徒歩15~20分駒木野病院の少し先です
他に野点や梅干、甘酒、焼き鳥、焼きそば、おしるこ、なども売っています

~観梅を楽しみながら、どうぞお出かけ下さい~お待ちしています~

103_2 春の海、日本のわらべ唄、飛躍、北海民謡調を演奏します

| | トラックバック (0)

一週間ぶり

お久しぶりです

自分はとても元気だったが、パソコンの調子が悪く更新できなかった(;ω;)

その間に三月となってしまった…本当に月日の経つのが早い!

そこで二月のこと…総まとめ

①ダイエット…下がったり、上がったり、どうしてもある線?をのりこえられない

         何とかせねば……

②神社寺院…七福神を二回巡れたのでお寺22箇所、神社一箇所お参りできた

③雪景色…今年は何度も眺められて良かった…風情があって素晴らしかった

その他…新しい出会い、針供養などの行事、四十数年ぶりの同窓会…など毎日とても充実していた

098 101

寒い日にはいただいたお肉で<すき焼きなべ>…久しぶりです。
     寒くても、我が家の<雪割草>も元気で~す

| | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »