« 本格的ダイエット | トップページ | 小正月 »

小鳥の歌

今日も朝はとても冷え込んだ 空は真っ青 昼ごろになると、大小いろんな形のワタ飴のような雲が序々に増えてきた

思えば去年の今日は千春と伊勢神宮へお参りに行ってた。本当に月日の経つのが早い

人と待ち合わせの為、京王線めじろ台駅のロータリーに車を止めて待っていると、中央の植え込みのモニュメントの上に一羽の雀がきてとまった昼間は日が差し、いくらか暖かい。次々飛んできて5~6羽になり「チュンチュン…ちゅんちゅん」と会話をしている様だった

昔、九官鳥と小桜インコを飼っていた。 九ちゃんは父や母の声そっくり真似していつも皆を笑わせていた  インコのピピちゃんは私になついていて、どこへ行くのも一緒だった(旅行もお墓参りも)雛の頃から人間同様に接していた(あまり籠の中にいなかった)せいか外に出ても飛んでいかなかった(いつも私の肩にとまっていた)。今も火災報知機のコマーシャルで「ホーチキチュヶテ」と小桜インコが出てくると、ピピちゃんを見ているようで嬉しくなる。

小鳥が大好きな私…雀の会話に暫し耳を傾けた 歌っているようにも聞こえる  みんなで日向ぼっこに来ているらしい 食べ物はあるのか心配だったが、生憎何も持ってなかったので近いうちにこっそり置こうと思った  心の中で「もうすぐ君たちが好きな春が来るよ」とつぶやいた

2_029 春を待つ 日なたぼっこの 愛らしき チュンチュン雀 元気ですごせ

昼下がり ほんの少しの 空間に 心和ます 六羽のすずめ

|

« 本格的ダイエット | トップページ | 小正月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

雀の子、負けるな一茶… ならぬ一チェン、ここに在り… ですかね
(笑)))

投稿: みサマンサ | 2010年1月15日 (金) 22時49分

みサマンサ様
ありがとうございます(^_^)
そう!チェんがチュんを心配しています
「春よ来い 早く来い」です~チュんの為に

投稿: チェん | 2010年1月15日 (金) 23時53分

 橿原で開催中の「大唐皇帝陵展」がまた素晴らしい内容の特別展でした。玄宗皇帝の兄李憲の恵陵から出土した跪拝俑や哀冊のほか、李スイ墓出土の金工技術の粋を尽くした銀器や銅器など、華やかな唐の文物を身近に見ることが出来ました。西安の歴史博物館でも見ることは出来ないものだそうです。恵陵に描かれた青龍と白虎を、キトラ古墳のものと比較すると本場のスケールの大きさに圧倒されます。なお25歳の若さで亡くなった李スイ墓は未盗掘で、朱書きの珍しい墓誌が出土しています。因みに李スイには産着を着た赤ちゃんがいたそうですが、産後のひだちが悪かったのでしょうか。
 唐代史はもちろん唐墓に埋葬された人物の生きた背景など、本当に大唐帝国の高い文化を感じることが出来る展示でした。これは必見ですよ。

投稿: ebisu321 | 2010年6月 5日 (土) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小鳥の歌:

« 本格的ダイエット | トップページ | 小正月 »